ニキビ跡にはレーザー治療が効果的|肌荒れに悩まない人生を送ろう

笑顔の女性

自分に合った治療をする

美容整形

麻酔が使える

レーザーと聞いてどんなイメージを持っているでしょうか。レーザーを肌に照射するとすごく痛いのではないかとともっている人も多いのではないでしょうか。ニキビ跡治療に使うレーザー機器にもよりますが、多くの人が痛みを感じているようです。とくに、口の周りとなると強い痛みを感じるという人もいます。痛みを感じるとなるとレーザー治療を受けることをためらう人もいるでしょう。しかし、クリニックは医療機関であり、麻酔を使っての治療も可能です。麻酔を使うことにより、痛みをほとんど感じることなく治療を受けることも可能となります。ニキビ跡を治すためといっても治療中の痛みは避けたいものです。施術を受ける時には、医師にしっかりと相談して、自分に合ったにきび跡治療をすることが大切です。

様々な症状に対応

クリニックでのニキビ跡治療では様々な症状に対応しています。ニキビ跡といってもクレーターのような跡や、赤みを帯びたもの、色素沈着を起こした症状もあります。レーザーには様々な種類があり、どの症状のニキビ跡にも対応しています。Vビームレーザーは赤色に反応するレーザーであることから赤みを帯びた症状に最適です。炭酸ガスレーザーでは皮下組織まで届くことから重度なニキビ跡でも改善することができます。このように、レーザーといっても色々な種類があり、様々な症状に対応することができます。今後のニキビ跡治療では、このレーザーが主流になってくると考えられます。今までならニキビ跡は治らないといった常識がありましたが、この施術方法によってニキビ跡ができてしまっても、綺麗な肌に戻すことが可能となります。